カードローンを選ぶときのポイント「優秀消費者金融」

ウーマン
  1. ホーム
  2. お金を借りる方法

お金を借りる方法

クレジットカード

一般的に、消費者金融等の貸金業者が取り扱っている個人向け少額融資商品のことを、キャッシング商品と呼んでいます。一口にキャッシング商品と言っても、業者ごとに金利やサービス内容に大きな違いが生じています。一昔前までは、客が希望する金額を一度にまとめて貸し付ける方式のキャッシング商品が中心になっていました。しかし、現在では、契約締結時に定めた利用限度額の範囲内で何度でも追加融資を受けることができるカードローン商品が主流になりつつあります。キャッシングサービスを利用する客は、現金をできるだけ早く手に入れたいと望んでいるのが普通です。従来からあった方法の場合は、追加融資を受けようとするたびに改めて融資審査を受ける必要があるため、実際にお金を手に入れられるようになるまで若干時間がかかります。でも、カードローンの場合は、お金が必要になった時に審査なしで追加融資を受けることができるので、とても便利です。そのため、今後はカードローン商品を提供する業者が増えるのではないかと予想されています。

カードローン商品を一番最初に開発したのは、銀行です。一昔前まで、銀行は個人向け少額融資商品の開発にあまり熱心ではありませんでした。なぜかというと、個人向けの少額融資商品は手間がかかるばかりで身入りが少ないと考えられていたからです。しかし、住宅ローンや法人向け融資による収益に限界を感じた銀行は、消費者金融のキャッシング商品に対抗するために、カードローン商品を開発しました。今では、消費者金融各社も軒並みカードローン商品を取り扱うようになっていますが、銀行と消費者金融とでは、融資条件等に大きな違いが生じています。ごく大雑把に言ってしまうと、金利が安くなっているのは銀行系カードローンです。一方、融資スピードが早いのは消費者金融系カードローンです。したがって、キャッシングを利用する際には、自分が置かれている状況に合わせてカードローン商品を選ぶことが重要になります。